慢性腰痛になりやすい姿勢とは

folderカテゴリ1

たまプラーザの背骨揺らし整体「DRTはり NAGASAWA」院長 長澤亮です。

慢性腰痛になりやすい姿勢とは。

いつも腰が痛い、重い、だるい。

ほぐしてもらったり、いろいろな治療を受けてもなかなか消えない腰の痛みや不快感。

原因が「あなたの姿勢」だとしたら?

どこに行っても治らないと思っていませんか?

それは、もしかしたらご自身が「姿勢」を意識する時間が少ないからかもしれません。

姿勢とは、背中がシャンと伸びていることと思われがちです。

それは持ってもちろん大切です。

もう一つ大事なポイントは「骨盤の傾き」なのです。

椅子に座ったり、立っている時に骨盤がまっすぐ正しい位置に来ていることが大切です。

例えば、座っている時に足を投げ出してお尻がズルっと前に出ているような姿勢。これが一番良くない姿勢です。

しっかり背もたれに腰を付けて、背筋を伸ばした姿勢が腰痛の予防になるのです。

慢性の腰痛に悩んでいる方はぜひ、試してください。