自律神経失調症

こんな症状に思い当たる方は自律神経失調症かもしれません。

いつもなんとなくだるい

やる気が起きない

偏頭痛がある

寝た気がしない

下痢や便秘を繰り返す

動悸がする

微熱が続く

手足がしびれる

事例紹介(ご本人の承諾のもと、プライバシーに配慮した表現を心がけております)

川崎市宮前区にお住まいの女性Kさん48歳(事務職、既婚、子供二人)

ここ数年朝からなんとなく体がだるく、時々偏頭痛がして市販の頭痛薬を飲んでいる。

病気だと家族にも迷惑がかかるので、内科で検査するも異常なし。(自律神経失調症ではないかと言われる)

心療内科に行ったほうがいいかもしれないと言われ、それを友人に相談した所当院を紹介されて来院。

 

【問診】

ご本人の環境(家族、職場、通勤やお住いの地域の環境)をおうかがいしました。

朝から体がだるいとのことで、就寝時刻や睡眠時間、起きる時刻なども聞きます。

そこでわかったのは「寝付きがよくない」

最近楽しいと感じることも少なくて、眠る前に嫌なことを思い出してしまうのでなかなか眠れない。

朝も、ちゃんと寝た気がしなくてなかなか起き上がれず、しばらくはだるくて朝食の支度をするのもおっくう。

数年前から仕事の責任が増え、部下の管理もするようになって毎日が緊張の連続。

 

【施術前の検査】

当院独自の「自律神経失調症の指標」を使って検査した結果、明らかに反応がある。

その他の指標検査で背骨の歪みがあることを確認し、ご本人にも納得していただく。

【施術】

背骨揺らし整体で背骨を調整。

【施術後の検査】

術前と同様の検査をして、結果が変化していることを確認してお伝えする。

明らかに違いがあるので驚かれていた。

初回ははっきりと反応が出ることが多いことを説明。

【姿勢指導とホームケア】

*姿勢指導

施術後は背骨の状態や姿勢が整っているが、そのまま「いつもの日常生活」になると元に戻りやすい。

戻るということは、来院したときと同じ症状になるという意味もある。

整った状態を体が覚えやすいようにすると、改善された体調を維持しやすくなる。

そこで日常の姿勢指導をお伝えする。

*ホームケア

寝付きの改善のために、呼吸法を指導。

とても簡単なので、すぐに覚えられるし続けやすく効果的な呼吸法。

【施術計画】

いい状態を体が覚えやすいように、最初は週2回のペースで5回通院。

その後の検査で先の施術計画をお伝えすると説明。

 

【現在】

3回目の施術後から身体のだるさが徐々に変わってくる。

5回目の施術前検査で、まだ指標の反応がしっかりと出ている(状態が安定していない)ので、あと5回の通院を提案。

7回目に背術前検査の反応がほとんど出なくなったため、週1回の通院で経過観察。

その後13回目ごろから頭痛の頻度が減り、朝のだるさも感じなくなり、家族からも「笑顔が増えたね」と言われるようになる。

2週に1度のペースでメンテナンス通院中。